がん種選択 > ホーム【食道がん・併用治療】 > キイトルーダ®と化学療法の併用治療Q&A


キイトルーダ®と化学療法の併用治療Q&A





キイトルーダ®と化学療法の併用について


免疫とは何ですか?

体内に侵入してきたウイルスや細菌などの異物を排除するための防御反応です。


免疫はがん細胞に対してもはたらくのですか?

ウイルスや細菌などの異物に対する防御反応である免疫は、がん細胞に対してもはたらきかけます。


キイトルーダ®とは、どのような薬ですか?

がん治療に使われるお薬です。T細胞のPD-1に結合することにより、がん細胞からT細胞に送られているブレーキをかける信号を遮断します。その結果、T細胞が活性化され、抗がん作用が発揮されると考えられています。


化学療法とは何ですか?

抗がん薬を用いて、活発に分裂しているがん細胞の増殖を阻止したりすることで、がん細胞を死滅させる治療を化学療法といいます。


併用治療とは何ですか?

作用の異なる薬を組み合わせて使用し治療していくことを併用治療といいます。キイトルーダ®と化学療法の併用治療では、がん細胞に対するT細胞の攻撃を強めるキイトルーダ®と、がん細胞を直接攻撃する化学療法を組み合わせるため、双方の治療効果が期待できます。


キイトルーダ®と化学療法の併用治療で使用する抗がん薬にはどのようなものがありますか?

食道がんの治療において、キイトルーダ®と化学療法の併用治療で使用する抗がん薬には、シスプラチンと5-FUがあります。



キイトルーダ®と化学療法の併用の前に


キイトルーダ®と化学療法の併用治療の際に、前もって医師に伝えておくことがあれば教えてください。

以下の項目に該当する方は、キイトルーダ®と化学療法の併用治療を始める前に、必ず担当の医師や看護師、薬剤師にお伝えください。

  • 薬や食べ物にアレルギーがある
  • 自己免疫疾患に現在かかっているか、過去に自己免疫疾患にかかったことがある
  • 間質性肺疾患にかかっている、または以前にかかったことがある
  • 現在、使用している薬がある
  • 臓器移植または造血幹細胞移植をしたことがある
  • 結核に感染している、または過去にかかったことがある
  • 骨髄機能抑制、肝障害、腎障害、感染症がある
  • 心疾患がある、または既往歴がある
  • 消化管潰瘍または出血、水痘(みずぼうそう)がある
  • 聴力障害がある



1サイクルのタイムスケジュールと治療スケジュールについて


キイトルーダ®と化学療法の併用治療で使用する抗がん薬の投与は、どのように行われるのですか?

食道がんの治療において、キイトルーダ®は30分間かけて点滴します。次に、補液や制吐剤を投与し、シスプラチンを120分又は施設の規定に従って投与します。その後、5-FUを5日間連続で点滴します。
キイトルーダ®は、3週間間隔(200mg)または6週間間隔(400mg)で投与します。各投与間隔は投与開始時に選択でき、治療経過中の切り替えも可能です。キイトルーダ®と化学療法の併用治療では、3週間(21日間)を1サイクルとして投与を継続します。キイトルーダ®を6週間ごとに1回(400mg)投与する場合、キイトルーダ®は2サイクルごとに投与します。
5-FUとシスプラチンに関しては、患者さんの状態に応じて担当医の判断で投与の継続を判断します。なお、臨床試験におけるシスプラチン投与は最大6サイクルまででした。


診察日や治療スケジュールを忘れないかが心配です。

患者さんがご自身で治療スケジュールや体調を把握し、担当の医師や看護師、薬剤師に知らせるメモとして、「わたしの治療日誌」をご用意しています。
こちら からダウンロードできますので、お役立てください。



化学療法との併用治療の注意点


キイトルーダ®には副作用があるのですか?

キイトルーダ®は免疫機能を活性化させるため、免疫がはたらき過ぎることによる副作用があらわれる可能性があります。


どのような副作用があらわれるのですか?

以下がキイトルーダ®の注意すべき副作用です。各副作用のリンクから、より詳しい情報をご覧いただけます。


具体的に、どのような症状が出るのですか?

主に、以下のような症状がみられます。

すぐに担当の医師に相談しましょう

呼吸器


  • たん・血たん
  • 息切れ・呼吸困難、胸の痛み

消化器


  • 吐き気やおう吐
  • 食欲不振
  • 下痢
  • ネバネバした便や血便
  • 便秘
  • 腹痛

泌尿器


  • トイレが近い
  • 血尿
  • 尿量の減少

筋肉・神経


  • 手足に力が入らない
  • 手指のふるえ
  • けいれん

皮膚


  • 黄疸
  • 発疹などの皮膚症状
  • くちびるのただれ


  • 見え方の異常
  • まぶたが重い

全身・その他


  • 頭痛
  • 意識がうすれる
  • 口の中や喉が渇きやすい
  • 歯ぐきや口内の出血
  • 声のかすれ
  • 発熱
  • 疲れやすい・だるい
  • むくみ
  • 体重の増加・減少
  • しびれ

※気になる症状があらわれた場合には、すぐに担当の医師、薬剤師、看護師に連絡してください。


キイトルーダ®と化学療法の併用治療で使用する化学療法はどのような副作用があらわれるのですか?

キイトルーダ®と化学療法の併用治療で使用する抗がん薬によって以下の副作用があらわれる可能性があります。



また、ワルファリンを併用していると薬物相互作用により、ワルファリンおよび5-FUの薬剤の効果が強まることがあるので注意が必要です。

※血液中の赤血球、白血球、血小板などが減少した状態です。



キイトルーダ®治療解説動画


その他に、キイトルーダ®関連の情報があれば知りたいのですが?

患者さんとご家族の方に安心してキイトルーダ®による治療に取り組んでいただくために、キイトルーダ®の概要、治療、副作用など、お役に立つ情報をわかりやすくご紹介する「キイトルーダ®治療解説動画」をご覧いただけます。



高額療養費制度について


高額療養費制度とは何ですか?

高額な医療費による負担を軽くするため、医療機関や薬局の窓口でご自身が支払う医療費が定められた上限額(自己負担限度額)を超えた場合、その超えた分の支給を受けられる制度です。


高額療養費の支給を受けるには、どのような手続きが必要ですか?

事前に認定証を取得します。医療機関に医療費を支払う際に、認定証を提示することで、窓口での支払額が高額療養費の自己負担限度額までとなります。

※また、すでに支払った高額な医療費がある場合などに、支給申請をすることにより払い戻しを受けることができます。


具体的に、自己負担限度額を知りたいのですが?

高額療養費制度の自己負担限度額は、年齢、所得によって区分されています。

  • 70歳未満の方の場合(2021年8月現在)

同一月(1日~末日)の自己負担額を、受診者、医療機関、外来・入院、医科・歯科別に、21,000円以上のものを合計します。

  • 70歳以上の方の場合(2021年8月現在)

同一月(1日~末日)にかかったすべての自己負担額を世帯単位で合計します。自己負担額は、外来と入院別に設定されています。まず、個人ごとに外来分を計算します。その際、自己負担限度額を超えなかった分があった場合、その自己負担額と世帯ごとに計算した入院分を合計します。


その他に、負担が軽減される仕組みがあれば教えてください。

  • 世帯合算
  • 多数回該当
  • 高額医療・高額介護合算療養費制度
  • 付加給付制度
  • 医療費控除

などがあります。

■ 高額療養費制度に関するより詳しい情報

「高額療養費制度について」

キイトルーダ®による治療を受けている患者さん向けに、「高額療養費制度」について、できるだけ分かりやすく解説している冊子です。


「がんを生きる:がん治療費と仕事」

がんの治療に取り組む患者さんとご家族のためのがん情報サイト「がんを生きる」ではがん治療費と仕事に関するコンテンツをお届けしています。






このサイトはMSDが運営しています
Copyright © 2022 Merck & Co., Inc., Rahway, NJ, USA and its affiliates. All rights reserved.