がん種選択 > ホーム【乳がん・初期治療】 > キイトルーダ®と化学療法併用による術前薬物療法を受ける前に


キイトルーダ®と化学療法併用による術前薬物療法を受ける前に




キイトルーダ®の注意点


  • キイトルーダ®は、がんの治療に使われるお薬です。
  • あなたの体の状態によっては、キイトルーダ®の治療が受けられないことがあります。
  • キイトルーダ®に含まれている成分と同じ成分に対して、過敏症症状を起こしたことがある場合

【過敏症症状の例】


  • キイトルーダ®による治療を始める前に、以下の項目に該当する方は、必ず担当の医師や看護師、薬剤師にお伝えください。

薬や食べ物にアレルギーがある

自己免疫疾患に現在かかっているか、過去に自己免疫疾患にかかったことがある

間質性肺疾患**にかかっている、または以前にかかったことがある

現在、使用している薬がある

臓器移植または造血幹細胞移植をしたことがある

結核に感染している、または過去にかかったことがある

妊娠している、または妊娠している可能性がある


* 自己免疫疾患とは、本来自己には攻撃しないはずの免疫機能が、自分自身の身体や組織を攻撃してしまうことで生じる病態です。
例:膠原病(関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症、多発性筋炎、皮膚筋炎など)、クローン病、潰瘍性大腸炎、バセドウ病、橋本病、1型糖尿病など。
** 間質性肺疾患についてはこちらをご参照ください。

病気になった造血幹細胞(赤血球、白血球、血小板をつくり出す細胞)を健康な造血幹細胞と入れ替え、正常な血液をつくることができるようにする治療です。
胎児への影響や流産が起きる可能性があります。なお、キイトルーダ®による治療中にわかった場合も、必ず担当の医師や看護師、薬剤師にお伝えください。


化学療法の注意点


  • あなたの体の状態によっては、化学療法による併用療法を受けられないことがあります。
    • あなたが行う化学療法(カルボプラチン、パクリタキセル、シクロホスファミド、ドキソルビシンまたはエピルビシン)に含まれている成分と同じ成分に対して、過敏症症状を起こしたことがある場合

[過敏症症状の例はページ上部を参照ください]

  • 併用療法を始める前に、以下の項目に該当する方は、必ず担当の医師や看護師、薬剤師にお伝えください。

骨髄抑制がある

腎障害、肝障害がある

感染症がある

水痘(みずぼうそう)がある

心機能の異常がある、または以前にかかったことがある

間質性肺炎や肺線維症がある

アルコールに過敏である





このサイトはMSDが運営しています
Copyright © 2022 Merck & Co., Inc., Rahway, NJ, USA and its affiliates. All rights reserved.