キイトルーダ®とアキシチニブの併用治療について

キイトルーダ®とアキシチニブの併用治療について

キイトルーダ®とアキシチニブの併用治療では、がん細胞に対するT細胞の攻撃を強めるキイトルーダ®と、がん細胞へ栄養や酸素を補給する血管が作られないようにするアキシチニブを組み合わせて治療します。
異なる作用の薬を使ってがん細胞を攻撃するため、双方の治療効果が期待できます。

キイトルーダ®について

がんが免疫機能にブレーキをかける仕組み

免疫は、がん細胞に対してもはたらいています。T細胞などの免疫細胞ががん細胞を攻撃して、体内から排除しています。
近年、がん細胞は自身が増殖するために、免疫の一員であるT細胞に攻撃のブレーキをかける信号を送ることがわかってきました。つまり、がん細胞は免疫の機能にブレーキをかける仕組みを使って、T細胞の攻撃から逃れているのです。
ブレーキをかける信号は、がん細胞表面にあるPD-L1(ピーディーエルワン)というたんぱく質がT細胞表面のPD-1(ピーディーワン)というたんぱく質と結合することにより発信されます。

キイトルーダ®について

キイトルーダ®は「抗PD-1(ピーディーワン)抗体」とよばれる免疫チェックポイント阻害薬で、T細胞のPD-1(ピーディーワン)というたんぱく質と結合することにより、がん細胞からT細胞に送られているブレーキをかける信号を遮断します。その結果、T細胞が活性化され、抗がん作用が発揮されると考えられています。

キイトルーダ®と併用するアキシチニブについて

分子標的治療薬のアキシチニブ

アキシチニブは血管を新たに作る信号を受けとる「血管内皮増殖因子受容体(VEGFR)」に結合し、そのはたらきを阻害します。その結果、がん細胞へ栄養や酸素を補給する血管が作られなくなり、がん細胞の増殖を抑えます。