がん種選択 > ホーム【乳がん・併用療法】 > 各併用療法の治療スケジュールと点滴のタイムスケジュールについて

各併用療法の治療スケジュールと点滴のタイムスケジュールについて





キイトルーダ®と併用する化学療法によって治療スケジュールと点滴のタイムスケジュールは異なります。ご自身の治療スケジュールと点滴のタイムスケジュールを確認しておきましょう。


キイトルーダ®ゲムシタビン+カルボプラチン

治療スケジュール

キイトルーダ®は200mgを3週に1回投与、または400mgを6週に1回投与、ゲムシタビンおよびカルボプラチンは1週目、2週目に投与、3週目は休薬します。

点滴のタイムスケジュール(例)

キイトルーダ®ゲムシタビンカルボプラチンを投与する日】

キイトルーダ®200mgまたは400mgを約30分かけて静脈内へ点滴します。その後、ゲムシタビンとカルボプラチンを投与します。

ゲムシタビンカルボプラチンのみを投与する日】

ゲムシタビンとカルボプラチンを投与します。

※臨床試験のタイムスケジュールをもとに記載しています。医療機関によって異なる場合がありますので、主治医の指示に従ってください。



キイトルーダ®パクリタキセル

治療スケジュール

キイトルーダ®は200mgを3週に1回投与、または400mgを6週に1回投与、パクリタキセルは1週目、2週目、3週目に投与、4週目は休薬します。

点滴のタイムスケジュール(例)

キイトルーダ®パクリタキセルを投与する日】

キイトルーダ®200mgまたは400mgを約30分かけて静脈内へ点滴します。その後、パクリタキセルを投与します。

キイトルーダ®のみを投与する日】

キイトルーダ®200mgまたは400mgを約30分かけて静脈内へ点滴します。

パクリタキセルのみを投与する日】

パクリタキセルを投与します。

※臨床試験のタイムスケジュールをもとに記載しています。医療機関によって異なる場合がありますので、主治医の指示に従ってください。



キイトルーダ®パクリタキセル(アルブミン懸濁型)

治療スケジュール

キイトルーダ®は200mgを3週に1回投与、または400mgを6週に1回投与、パクリタキセル(アルブミン懸濁型)は1週目、2週目、3週目に投与、4週目は休薬します。


点滴のタイムスケジュール(例)

キイトルーダ®パクリタキセル(アルブミン懸濁型)を投与する日】

キイトルーダ®200mgまたは400mgを約30分かけて静脈内へ点滴します。その後、パクリタキセル(アルブミン懸濁型)を投与します。

キイトルーダ®のみを投与する日】

キイトルーダ®200mgまたは400mgを約30分かけて静脈内へ点滴します。

パクリタキセル(アルブミン懸濁型)のみを投与する日】

パクリタキセル(アルブミン懸濁型)を投与します。

※臨床試験のタイムスケジュールをもとに記載しています。医療機関によって異なる場合がありますので、主治医の指示に従ってください。



治療日誌について

診察日や投与などの治療スケジュールや、患者さんがご自身で体調を把握し、治療チームに知らせるメモとしてお役立ていただくための「キイトルーダ®と化学療法の併用療法の治療日誌」をご用意しています。
治療を順調に進めていくためには、患者さんと担当の医師や看護師、薬剤師をはじめとする治療チームとが信頼し合うことが大切です。そのためには、治療中の体調をチームに理解してもらうことが第一歩となります。
以下からダウンロードできますので、より良い治療のために、ぜひ、お役立てください。

  • 治療日誌のダウンロード
    (キイトルーダ®と化学療法の併用療法)

監修:愛知県がんセンター乳腺科部 部長 岩田 広治 先生





このサイトはMSDが運営しています
Copyright © 2022 Merck & Co., Inc., Rahway, NJ, USA and its affiliates. All rights reserved.