点滴のタイムスケジュールと治療スケジュールについて

治療スケジュールについて

キイトルーダ®は、3週間または6週間間隔で静脈に点滴投与します(点滴時間は30分です)。3週間または6週間を1コースとして、患者さんの体の状態をみながら投与を繰り返していきます。
アキシチニブは、錠剤の飲み薬で、水と一緒に1回5㎎を1日2回服用します。患者さんの体の状態に応じて、薬の量を増量(1回最高10mg)または減量(1回最低2mg)します。必ず、医師に指示された薬の量を服用してください。

※治療スケジュールは主治医の指示に従ってください。

キイトルーダ®添付文書 2021年8月改訂(第6版、効能変更、用法及び用量変更)、
アキシチニブ添付文書 2019年12月改訂(第1版)より

治療日誌について

診察日や投与などの治療スケジュールや、患者さんがご自身で体調を把握し、治療チームに知らせるメモとしてお役立ていただくための「キイトルーダ®とアキシチニブ併用治療日誌」をご用意しています。
治療を順調に進めていくためには、患者さんと担当の医師や看護師、薬剤師をはじめとする治療チームとが信頼し合うことが大切です。そのためには、治療中の体調をチームに理解してもらうことが第一歩となります。
以下から、ダウンロードできますので、より良い治療のために、ぜひ、お役立てください。

治療日誌のダウンロード
(キイトルーダ®とアキシチニブ併用治療用)

監修:慶應義塾大学医学部 泌尿器科学教室 教授 大家 基嗣先生