キイトルーダ®と化学療法による治療を受ける前に

治療を受けることができない可能性のある方

以下の項目に該当する方は、キイトルーダ®と化学療法の併用療法を受けられないことがあります。
  • キイトルーダ®や化学療法に含まれている成分と同じ成分に対して、過敏症症状を起こしたことがある方
    【過敏症症状の例】
    【過敏症症状の例】血圧の低下、意識障害、発疹、じんま疹、発熱

キイトルーダ®による治療を受ける前に

キイトルーダ®による治療を始める前に、以下の項目に該当する方は、必ず担当の医師や看護師、薬剤師にお伝えください。
  • 薬や食べ物にアレルギーがある
  • 自己免疫疾患に現在かかっているか、過去に自己免疫疾患にかかったことがある
  • 間質性肺疾患**にかかっている、または以前にかかったことがある
  • 現在、使用している薬がある
  • 臓器移植または造血幹細胞移植をしたことがある
  • 結核に感染している、または過去にかかったことがある
  • 妊娠している、または妊娠している可能性がある
  • 自己免疫疾患とは、本来自己には攻撃しないはずの免疫機能が、自分自身の身体や組織を攻撃してしまうことで生じる病態です。 例:膠原病(関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症、多発性筋炎、皮膚筋炎など)、クローン病、潰瘍性大腸炎、バセドウ病、橋本病、1型糖尿病など。
  • **「キイトルーダ®治療ハンドブック」をご参照ください。
  • 病気になった造血幹細胞(赤血球、白血球、血小板をつくり出す細胞)を健康な造血幹細胞と入れ替え、正常な血液をつくることができるようにする治療です。
  • 胎児への影響や流産が起きる可能性があります。なお、キイトルーダ®による治療中にわかった場合も、必ず担当の医師や看護師、薬剤師にお伝えください。

化学療法の注意点

■ あなたの体の状態によっては、化学療法による併用療法を受けられないことがあります。
あなたが行う化学療法(ゲムシタビンとカルボプラチン、パクリタキセルまたはパクリタキセル[アルブミン懸濁型])に含まれている成分と同じ成分に対して、過敏症症状を起こしたことがある場合

[ 過敏症症状の例はページ上部を参照ください]

■ 併用療法を始める前に、以下の項目に該当する方は、必ず担当の医師や看護師、薬剤師にお伝えください。

  • 骨髄抑制、腎障害、感染症がある
  • 肝障害、アルコール依存症がある、または以前にかかったことがある、アルコールに過敏である
  • 水痘(みずぼうそう)がある
  • 間質性肺炎や肺線維症がある、または以前にかかったことがある
  • 心筋梗塞にかかったことがある
他の診療科を受診する時には、必ずキイトルーダ®の治療を受けていることを知らせてください。キイトルーダ®治療中カードを財布などに入れて常に持ち歩くとよいでしょう。

HOME close

キイトルーダ®と化学療法の併用療法の治療日誌をご活用ください。

診察日や投与などの治療スケジュールの管理やご自身の体調を治療チームに知らせるメモとしてお役立ていただくための「キイトルーダ®と化学療法の併用療法の治療日誌」をダウンロードいただけます。

キイトルーダ®と化学療法の併用療法の治療日誌ダウンロードのページヘ

関連サイト「がんを生きる」はこちら

がんの治療に取り組む患者さん、ご家族のためのがん情報サイトです。

ページのトップへ