がん細胞と薬物治療について

がんが免疫機能にブレーキをかける仕組み

ウイルスや細菌などの異物に対する防御反応である免疫は、がん細胞に対してもはたらきかけます。最近、がん細胞は自身が増殖するために、免疫の一員であるT細胞に攻撃のブレーキをかける信号を送ることがわかってきました。つまり、がん細胞は免疫の機能にブレーキをかける仕組みを使って、T細胞の攻撃から逃れているのです。
ブレーキをかける信号は、がん細胞表面にあるPD-L1(ピーディーエルワン)というたんぱく質がT細胞表面のPD-1(ピーディーワン)というたんぱく質と結合することにより発信されます。

キイトルーダ®のはたらきについて

キイトルーダ®は「抗PD-1抗体」とよばれる免疫チェックポイント阻害薬で、T細胞のPD-1に結合することにより、がん細胞からT細胞に送られているブレーキをかける信号を遮断します。その結果、T細胞が活性化され、抗がん作用が発揮されると考えられています。
キイトルーダ®は、PD-L1ががん細胞やそのまわりの免疫細胞(リンパ球、マクロファージ)に一定量以上あると効果が出やすいことがわかっています。そのため、あなたのがん細胞や免疫細胞がPD-L1をどれくらい持っているかを確認するため、PD-L1検査を行います。

がん細胞の増殖について

正常な細胞は、際限なく増殖することがないようにコントロールされていますが、なんらかの原因によりその遺伝子に変化(遺伝子変異)が起こると、細胞は異常な分裂と増殖を繰り返すようになります。
このような細胞をがん細胞といいます。

化学療法について

殺細胞性抗がん薬(抗がん薬)による治療を化学療法といいます。化学療法は、活発に分裂しているがん細胞の増殖を阻止したりすることで、がん細胞を死滅させる治療です。
抗がん薬は、がん細胞も正常細胞も攻撃します。

キイトルーダ®と化学療法の併用療法について

キイトルーダ®と化学療法の併用療法では、がん細胞に対するT細胞の攻撃を強めるキイトルーダ®と、がん細胞を直接攻撃する化学療法を組み合わせて治療します。異なる作用の薬を使ってがん細胞を攻撃するため、双方の治療効果が期待できます。

キイトルーダ®と化学療法の併用療法で使用する抗がん薬

キイトルーダ®と化学療法の組み合わせ

ゲムシタビン

がん細胞が増殖するためのDNA合成を阻害する作用により、がん細胞を死滅させます。

カルボプラチン

がん細胞が増殖するためのDNA合成を阻害する作用により、がん細胞を死滅させます。

パクリタキセル

がん細胞の細胞分裂を阻害し、がん細胞の増殖を抑えます。

パクリタキセル(アルブミン懸濁型)

がん細胞の細胞分裂を阻害し、がん細胞の増殖を抑えます。


HOME close

キイトルーダ®と化学療法の併用療法の治療日誌をご活用ください。

診察日や投与などの治療スケジュールの管理やご自身の体調を治療チームに知らせるメモとしてお役立ていただくための「キイトルーダ®と化学療法の併用療法の治療日誌」をダウンロードいただけます。

キイトルーダ®と化学療法の併用療法の治療日誌ダウンロードのページヘ

関連サイト「がんを生きる」はこちら

がんの治療に取り組む患者さん、ご家族のためのがん情報サイトです。

ページのトップへ